トップページ

当サイトは、様々なゲームの要素を組み合わせて自分だけの格闘ゲームが作れるフリーゲーム「MUGEN」に関する国内データベースです。

デバッグキー

MUGENにはデバッグキー(ゲーム状態を強制的に変更するコマンド)が用意されているので、その使い方について説明します。

まず、デバッグキーが使用できる状態であるか確認します。 「data」フォルダに含まれるmugen.cfgをメモ帳などのテキストエディタで開き、AllowDebugKeys と記述された部分を探してください。 AllowDebugKeys=1であればデバッグキーを使用できます。 AllowDebugKeys=0の場合は、0を1に書き換えればデバッグキーを使用できる状態になります。

デバッグキーは対戦中であればいつでも使用可能です。 以下にキーボードで入力するコマンドをまとめたので、参考にしてみてください。

デバッグキー一覧

F12Pのライフ0
Ctrl+F11Pのライフ0
F2全てのプレイヤーのライフ1
Ctrl+F21Pのライフ1
Shift+F22Pのライフ1
F3全てのプレイヤーのパワーゲージMAX
F4現在のラウンドをリセット
Shift+F4全てのラウンドをリセット(第1ラウンドから再開)
F5残り時間0
F12スクリーンショットを撮る(画像はMUGEN本体と同じ場所にpcx形式で保存)
Space全てのプレイヤーのライフとパワーゲージMAX
Ctrl+C当たり判定の表示切替
Ctrl+Dデバッグ情報の表示切替
Ctrl+Iキャラクターを強制的に立ち状態にする
Ctrl+Lライフバー、パワーゲージバー表示のON/OFF
Ctrl+Sゲームスピードアップ(もう一度押すと元に戻る)
Ctrl+(1〜4)数字に対応したプレイヤーのAIのON/OFF
Ctrl+Alt+(1〜4)数字に対応したプレイヤーのON/OFF
Pause一時停止(トレーニングモードではCPUメニューの表示)
一時停止中にScroll1フレームずつコマ送り